リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告(検索連動型広告)

キーワード戦略の真実: Googleのブラックボックスとの闘い

近年、検索連動型広告(リスティング広告)のキーワード戦略において、似たキーワードの入稿を巡る論争が絶えません。一部は「似たキーワードは無駄だ」と主張する一方で、私は積極的に似たキーワードを入稿する派です。なぜなら、Googleがどのように拡...
リスティング広告(検索連動型広告)

専門人材紹介集客の戦略的手段と効果的な活用方法

専門人材紹介のビジネス展開において、従来のホワイトカラー領域で主力となるビズリーチやリクナビのようなプラットフォームが提供するスカウト機能が利用できないという課題に直面する場合があります。本記事では、その制約とともに、効果的な代替手段に焦点...
リスティング広告(検索連動型広告)

商材理解の深化が広告運用の鍵 ─ なぜ詳しい知識が精度向上に繋がるのか

導入 広告運用において、キーワードの選定や広告文の改善は全体の成果に大きな影響を与えます。しかしながら、これらの決定をする際に商材に対する深い理解がなければ、なぜ一つの選択が良いのかを把握することは難しいでしょう。この記事では、商材理解の深...
リスティング広告(検索連動型広告)

検索連動型広告(リスティング広告)を活用すべきケース3選 その2

導入 検索連動型広告は、デジタルマーケティング戦略においてリードの質向上や地域プロモーション、専門知識の活用において非常に有効です。この記事では、検索連動型広告がなぜこれらのケースにおいて効果的かについて詳しく説明します。 1. リードの質...
リスティング広告(検索連動型広告)

検索連動型広告(リスティング広告)を活用すべきケース3選

導入 現代のデジタルマーケティングにおいて、検索連動型広告は迅速な結果の獲得、リードジェネレーション、そして検索意向が高い商品やサービスのプロモーションにおいて非常に効果的です。この記事では、検索連動型広告がなぜこれらのケースにおいて実現し...
リスティング広告(検索連動型広告)

検索連動型広告(リスティング広告)の部分一致×自動入札をおすすめしないケース3選

検索連動型広告(リスティング広告)は、最近ではGoogleから部分一致と自動入札の組み合わせがパフォーマンス向上のために推奨されています。一般的には有用なアプローチですが、全てのケースで適しているわけではありません。以下に、部分一致×自動入...
リスティング広告(検索連動型広告)

部分一致広告の最適活用法

部分一致広告は、検索連動型広告の中でも特に幅広い検索クエリに対応するキーワードマッチタイプです。このマッチタイプを効果的に利用するためには、戦略的なアプローチとデータ駆動の最適化が欠かせません。以下では、部分一致広告を最大限に活用する方法に...
リスティング広告(検索連動型広告)

検索連動型広告における広告文の残し方の勘違いについて

広告文のPDCAで新たに広告を入れる際に、もともと入っていた広告のうちどれを残すのか、というお話です 原則は1.CVRが高い広告文を残す2.インプレッションが高い広告文を残すです。 なぜこの2つなのか 1.CVRが高い広告文を残す→広告主が...
リスティング広告(検索連動型広告)

何もしてないのに特定のキーワードの成果が下がったときは、他のキーワードの追加や入札を変更していないか確認

とあるキーワード「A」の成果が下がった。「A」が含まれる広告グループの広告も変更してないし、入札も変えていない。 といったことがあります。 原因の1つに、他のキーワード「B」の追加や入札を変更したことで、もともとKW「A」に引き当たっていた...
リスティング広告(検索連動型広告)

広告文のキーワード挿入機能は、「キーワード」挿入機能です

代理店の人でもよく間違った認識をしているのは、キーワード挿入機能は、キーワード挿入機能ということです。 「え?当り前じゃない?」と思った方も多いとは思いますが、言いたいことは、検索クエリ挿入機能ではないということです。 「転職 新宿」とGo...