Google広告のキーワードマッチタイプと広告ランクの関係

リスティング広告(検索連動型広告)

Google広告では、キーワードのマッチタイプによって広告の表示方法が異なります。完全一致、フレーズ一致、部分一致の3つのマッチタイプがあり、それぞれ以下のように動作します:

  • 完全一致: キーワードと完全に一致する検索クエリにのみ広告を表示します。
  • フレーズ一致: キーワードを正確なフレーズとして含む検索に対して広告を表示します。
  • 部分一致: キーワードの一部分を含む検索に対して広告を表示します。

ユーザーの検索意図に合わせて、適切なマッチタイプを選択することが重要です。たとえば、多様な検索内容に対して広告を表示したい場合は部分一致を、特定の検索内容だけを対象にしたい場合は完全一致を使用します。

一方、広告ランクはキーワードに基づく検索広告と同じ方法で決まります。広告ランクは、入札単価、広告の品質(推定クリック率、関連性、ユーザビリティ)などの要素から算出されます。

つまり、キーワードのマッチタイプはあくまでトリガーであり、実際の広告ランクの決定には広告の品質が大きく影響します。広告文やランディングページの内容、ユーザビリティなどを改善することで、広告ランクを上げることができます。

キーワードを大量に登録するのは推奨されません。Google広告では、13ヶ月インプレッションのないキーワードは強制的に停止されるため、適切な数のキーワードを厳選して登録することが重要です。

以上のように、Google広告のキーワードマッチタイプと広告ランクの関係を整理しました。ユーザーの検索意図に合わせたマッチタイプの選択と、広告の品質向上が、広告ランクを高める上で重要なポイントです。

広告の品質を高める5つのポイント

広告ランクを改善するためには、広告の品質を高めることが不可欠です。広告の品質を高める5つのポイントは以下の通りです:

  1. 推定クリック率の改善: 広告のクリック率を高めることで、品質スコアが向上します。
  2. 広告の関連性の向上: 広告文と入札キーワードの関連性を高めることが重要です。
  3. ランディングページの利便性改善: ランディングページのユーザビリティを高めることで、ユーザー体験が向上します。
  4. 上限クリック単価の設定: 適切な上限クリック単価を設定することで、広告の掲載機会が増えます。
  5. 広告の最適化: 広告の内容や設定を継続的に見直し、最適化することが重要です。

これらの取り組みを通じて、広告の品質を高め、広告ランクの向上につなげることができます。

これらの情報を参考にしました。
[1] Google Help – キーワードのマッチタイプについて – Google 広告 ヘルプ (https://support.google.com/google-ads/answer/7478529?hl=ja)
[2] Google Help – 動的検索広告、広告ランク、掲載結果について (https://support.google.com/google-ads/answer/7018712?hl=ja)
[3] Google Help – 広告ランクについて – Google 広告 ヘルプ (https://support.google.com/google-ads/answer/1722122?hl=ja)

リスティング広告の運用・コンサルティング

フリーランスマーケター「デジマク」

タイトルとURLをコピーしました