キーワードの品質向上のための5つのポイント

リスティング広告(検索連動型広告)
  1. 関連性の向上
    • 検索ユーザーの意図に合ったキーワードを選択することが重要です。
    • 広告の内容とよく合致したキーワードを使うことで、広告の関連性が高まります。[参考]
    • 例えば、「スニーカー」というキーワードよりも、「メンズ運動靴」のようなより具体的なキーワードを使うと、関連性が高まります。
  2. ロングテールキーワードの活用
    • 一般的な短いキーワードよりも、より具体的なロングテールキーワードを使うことで、広告の関連性が高まります。
    • ロングテールキーワードは検索ボリュームが少ない代わりに、クリック率が高くなる傾向にあります。
    • 例えば、「スニーカー」ではなく、「メンズ運動靴 ナイキ 黒」のようなキーワードを使うと良いでしょう。
  3. 除外キーワードの設定
    • 自社の商品やサービスに関係のないキーワードを除外キーワードとして設定することで、無駄な広告配信を防ぐことができます。
    • 除外キーワードの設定は、広告の関連性と効率性を高めるのに効果的です。[参考]
    • 例えば、「スニーカー」広告の場合、「子供用」「レディース」などをネガティブキーワードに設定すると良いでしょう。
  4. キーワードの最適化
    • 定期的にキーワードの分析と見直しを行い、パフォーマンスの良いキーワードを絞り込むことが重要です。
    • 低パフォーマンスのキーワードは削除したり、入札額を調整したりすることで、広告の効率性を高められます。
    • 例えば、クリック率の低いキーワードは削除したり、入札額を下げたりすると良いでしょう。
  5. ターゲティングの最適化
    • 地域、デバイス、時間帯などのターゲティング設定を最適化することで、広告の関連性が高まります。
    • ターゲティングを絞り込むことで、広告の表示機会が適切な層に集中されます。[参考]
    • 例えば、スニーカー広告の場合、20代男性のスマートフォンユーザーをターゲットにするのが効果的でしょう。

これらの取り組みを通じて、キーワードの品質を高め、広告の関連性と効率性を向上させることができます。

リスティング広告の運用・コンサルティング

フリーランスマーケター「デジマク」

タイトルとURLをコピーしました