Google広告のキーワードマッチタイプ: 完全一致、フレーズ一致、部分一致の違いと活用方法

リスティング広告(検索連動型広告)

Google広告では、キーワードのマッチタイプを「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類から選択できます。それぞれのマッチタイプには特徴があり、広告配信の精度や効果に影響します。

  • 完全一致: ユーザーの検索クエリがキーワードと完全に一致した場合に広告が表示されます。最も絞り込みが強く、コンバージョン率が高い傾向にあります。
  • フレーズ一致: ユーザーの検索クエリにキーワードのフレーズが含まれている場合に広告が表示されます。完全一致よりも少し広めのターゲティングが可能です。
  • 部分一致: ユーザーの検索クエリにキーワードの単語が含まれている場合に広告が表示されます。最も広いターゲティングが可能ですが、関連性が低い検索にも広告が表示される可能性があります。

完全一致の特徴と活用方法

完全一致は、ユーザーの検索クエリがキーワードと完全に一致した場合にのみ広告が表示されるマッチタイプです。このため、最も絞り込みが強く、コンバージョン率が高い傾向にあります。

  • コンバージョン率が高い: ユーザーの検索意図とキーワードが完全に一致するため、広告の関連性が高く、クリック率やコンバージョン率が高くなります。
  • ターゲティングが明確: 検索クエリがキーワードと完全に一致するため、ターゲティングが明確になります。広告の配信コントロールが容易です。
  • キーワード数が多くなる: 完全一致では、ユーザーの検索クエリとキーワードが完全に一致する必要があるため、キーワード数が多くなる傾向にあります。

完全一致は、特定の商品やサービスに対する強い購買意欲のあるユーザーをターゲットにする際に有効です。ただし、キーワード数が多くなるため、キーワード管理の手間が増えるという課題もあります。

フレーズ一致の特徴と活用方法

フレーズ一致は、ユーザーの検索クエリにキーワードのフレーズが含まれている場合に広告が表示されるマッチタイプです。完全一致よりも少し広めのターゲティングが可能です。

  • ターゲティングが比較的明確: 検索クエリにキーワードのフレーズが含まれるため、ターゲティングが比較的明確になります。
  • キーワード数が少なくて済む: 完全一致よりもキーワード数が少なくて済むため、キーワード管理の手間が軽減されます。
  • コンバージョン率は完全一致より低め: 完全一致ほど検索意図とキーワードが一致しないため、コンバージョン率は完全一致より低めになる傾向にあります。

フレーズ一致は、特定の商品やサービスに対する一定の関心のあるユーザーをターゲットにする際に有効です。完全一致よりも少し広めのターゲティングが可能で、キーワード管理の手間も軽減できます。

部分一致の特徴と活用方法

部分一致は、ユーザーの検索クエリにキーワードの単語が含まれている場合に広告が表示されるマッチタイプです。最も広いターゲティングが可能ですが、関連性の低い検索にも広告が表示される可能性があります。

  • ターゲティングが広い: キーワードの単語が含まれていれば広告が表示されるため、ターゲティングが最も広くなります。
  • 関連性が低い検索にも広告が表示される可能性: キーワードの単語が含まれていれば広告が表示されるため、関連性の低い検索にも広告が表示される可能性があります。
  • ランディングページの内容やユーザーの過去の検索行動などのシグナルを活用できる: 部分一致では、ランディングページの内容やユーザーの過去の検索行動などのシグナルを活用できるため、広告の配信精度と費用対効果が向上する可能性があります。

部分一致は、広くターゲティングを設定したい場合に有効です。ただし、関連性の低い検索にも広告が表示される可能性があるため、ランディングページの内容やユーザーの過去の検索行動などのシグナルを活用して、配信精度と費用対効果を高めることが重要です。

これらの情報を参考にしました。
[1] Google Help – キーワードのマッチタイプについて – Google 広告 ヘルプ (https://support.google.com/google-ads/answer/7478529?hl=ja)
[2] Google Help – 部分一致: 定義 – Google 広告 ヘルプ (https://support.google.com/google-ads/answer/2407779?hl=ja)

リスティング広告の運用・コンサルティング

フリーランスマーケター「デジマク」

タイトルとURLをコピーしました