広告運用ブログ

リスティング広告(検索連動型広告)

部分一致広告の最適活用法

部分一致広告は、検索連動型広告の中でも特に幅広い検索クエリに対応するキーワードマッチタイプです。このマッチタイプを効果的に利用するためには、戦略的なアプローチとデータ駆動の最適化が欠かせません。以下では、部分一致広告を最大限に活用する方法に...
ビジネス

消費市場の主役?Z世代と他の世代のバランス

1. 導入 近年、Z世代(1997年以降に生まれた世代)へのアプローチについて多くの注目が集まっています。Z世代はデジタルネイティブであり、新しい消費トレンドを形成し、ブランドとの関係性を変えています。しかし、なぜ彼らに焦点を当てるのでしょ...
ビジネス

LTV(顧客生涯価値)を向上させるための広告運用の秘訣

1. 導入 LTV(顧客生涯価値)の向上は、ビジネスの持続可能性と成長において重要な要素であり、その実現には広告運用が欠かせません。LTVが低い場合、企業は収益を最大化できず、競争に勝つのが難しくなります。この記事では、LTVが低い理由と、...
リスティング広告(検索連動型広告)

検索連動型広告における広告文の残し方の勘違いについて

広告文のPDCAで新たに広告を入れる際に、もともと入っていた広告のうちどれを残すのか、というお話です 原則は1.CVRが高い広告文を残す2.インプレッションが高い広告文を残すです。 なぜこの2つなのか 1.CVRが高い広告文を残す→広告主が...
リスティング広告(検索連動型広告)

何もしてないのに特定のキーワードの成果が下がったときは、他のキーワードの追加や入札を変更していないか確認

とあるキーワード「A」の成果が下がった。「A」が含まれる広告グループの広告も変更してないし、入札も変えていない。 といったことがあります。 原因の1つに、他のキーワード「B」の追加や入札を変更したことで、もともとKW「A」に引き当たっていた...
リスティング広告(検索連動型広告)

広告文のキーワード挿入機能は、「キーワード」挿入機能です

代理店の人でもよく間違った認識をしているのは、キーワード挿入機能は、キーワード挿入機能ということです。 「え?当り前じゃない?」と思った方も多いとは思いますが、言いたいことは、検索クエリ挿入機能ではないということです。 「転職 新宿」とGo...
リスティング広告(検索連動型広告)

似たようなキーワードでも入稿しますか?はい、します。

似たキーワードを複数入稿するか悩むときありますよね。私は入稿する派です。 なぜならば、似てたとしても拡張がどう広がるかはGoogleが決めることだから。そしてどう拡張するかは分からない。 今や部分一致だけでなく、フレーズ一致も完全一致も拡張...
リスティング広告(検索連動型広告)

検索連動型広告における広告文の選択はGoogleに任せる

検索連動型広告は、多くのビジネスにとって重要なマーケティングツールとなっています。Googleはその中でも優れたプラットフォームを提供し、広告文の最適化においても頼りになります。本記事では、広告運用において「Googleに任せる」アプローチ...
リスティング広告(検索連動型広告)

そのCVR10パーセントは本当に10パーセントですか?

クリックが10件あって、コンバージョンが1件あった場合、CVRは10%ですね。なので、CPA10000円でとりたいからCPC1000円で行こう。 ちょっと待ってください。これは本当にCVR10%なのでしょうか。たまたま1件のCVが発生しただ...
リスティング広告(検索連動型広告)

キーワードを減らしてキーワード単位の評価をしっかりと行う

検索連動型広告を使ってると気が付いたらキーワードが100件、1000件、10000件と増えてる時があります。ほとんどキーワードは表示されてないか表示回数が微小でしょう。ただしこの微小が積み重なるとそれなりのボリュームになることがあります。全...